CT・マイクロスコープ

CTについて

3Dレントゲン(CT撮影可能)とは?

一般歯科ではまだ数%の導入率の歯科用CT

三次元映像なので、平面のみの診断で知ることの出来なかった事も確認でき、より安全で正確な処置が出来ます。

歯科用デジタルCTの為、X線被ばく量も少量になっています。

CTの特徴

通常歯科で用いられる平面のレントゲンでは、問題ないように見える緑の○部分も、CTで確認すると、はっきりと黒く病気の巣が写ってきます。

※レントゲンは歯や骨の様に固いものは白く、柔らかいものは黒く写ります。よって、虫歯や骨の中の病気などは黒く写ります。


  • 従来の平面のレントゲン

  • 病気の巣が写っているCT画像

歯医者に行ってレントゲンを撮って診てもらっても特に異常がないと言われるのに、痛みが消えない等の症状は上記のように平面では確実に写ってこない病巣が存在する可能性も考えられるのです。

他には、平面では骨があるように診える下のレントゲン写真も、CTで診て見ると、実際は緑の線ほどの厚みしか骨が存在しない事がはっきりと診ることが出来ます。(歯の周辺では厚みのある骨も歯の下の方では薄いところで2mm程度)

これらのことはCTで初めて確実に知ることが出来るのです。


  • 従来の平面のレントゲンでは、骨の厚みが分からない

  • CT画像には、薄くなった骨をはっきりと診ることが出来ます(薄い所で2mm程度)
インプラント治療などを行う上での診断で骨の幅、厚み、深さは重要なものです。平面のみのレントゲンからは幅は診断できても厚みや正確な深さを知ることは出来ません。全てのケースでとは言いませんが、より安全で正確な処置を行うためには欠かせないアイテムの1つである事に間違いはありません。

ページトップ

口腔内顕微鏡(マイクロスコープ)について

これもCT同様一般歯科では数%の導入率。
お口の中を最大24倍まで拡大可能なため、歯科医にとって最も重要な感覚の1つである視覚をフル活用でき、従来の経験や手指の感覚のみの診療ではなく、より正確な処置を施しやすい。


  • 4倍下で形成(歯を削る処置)

  • 8倍下で見た歯の神経の穴

  • 16倍下で見た歯の神経の穴

  • 24倍下で見た歯の神経の穴

  • 24倍下で見た紙幣

ページトップ

お問合せ

歯科衛生士募集中

江南市のミント歯科 歯周病・インプラントオフィス

  • 〒483-8086
    江南市高屋町大松原126
  • [電話番号]
    0587-81-3771
  • [診療時間]

    9:30 - 13:00
    14:30 - 19:00
  • ※日曜、木曜、祝祭日は休診です。(祝日のある週は木曜診療)
    ※土曜は18:00までの診療です。

ミント歯科のブログ

ミント歯科の携帯サイトはこちら

長尾歯科

しのだ会計事務所